婚前契約とは?

婚前契約婚前契約書とは、これから入籍するお二人の結婚と、結婚生活に関する契約書面のことを指します。具体的には、婚約や結婚生活するうえでのルール、財産、不倫や離婚時に関する事項などを定め、正式な契約を締結します。

結婚前から保有する貯金の取り扱いや、結婚後の家計負担、不倫があった場合の慰謝料、万が一、離婚になったときの財産分与の方法や養育費の支払いについての約束を結婚前にあらかじめ約束しておくこともできます。

結婚後に夫婦で締結した契約は、第三者の利益を害する場合、または婚姻関係が破たんしたあとは、一方からの取り消しはできないとされていますが、そうでない場合、婚姻中、いつでも、夫婦の一方から取り消すことができると規定されています(民法754条)。

このように結婚後に夫婦で締結した契約の場合、一方から取り消されてしまうおそれがあります。しかし、婚前契約は、婚姻前に結ぶ契約なので、婚姻中に夫婦の一方から取り消される心配はありません。

そして、口約束にするのではなく、婚前契約書という書面にすることで、ごまかすことも、約束を覆すこともできなくなります。さらに、財産に関する婚前契約は婚姻の届出前に契約を締結し登記することによって第三者にも対抗できるようになります(民法756条)。

  • 無料相談予約