婚前契約とは?

婚前契約婚前契約書とは、これから入籍するお二人の結婚と、結婚生活に関する契約書面のことを指します。具体的には、婚約や結婚生活するうえでのルール、財産、不倫や離婚時に関する事項などを定め、正式な契約を締結します。

結婚前から保有する貯金の取り扱いや、結婚後の家計負担、不倫があった場合の慰謝料、万が一、離婚になったときの財産分与の方法や養育費の支払いについての約束を結婚前にあらかじめ約束しておくこともできます。

結婚後に夫婦で締結した契約は、第三者の利益を害する場合、または婚姻関係が破たんしたあとは、一方からの取り消しはできないとされていますが、そうでない場合、婚姻中、いつでも、夫婦の一方から取り消すことができると規定されています(民法754条)。

このように結婚後に夫婦で締結した契約の場合、一方から取り消されてしまうおそれがあります。しかし、婚前契約は、婚姻前に結ぶ契約なので、婚姻中に夫婦の一方から取り消される心配はありません。

そして、口約束にするのではなく、婚前契約書という書面にすることで、ごまかすことも、約束を覆すこともできなくなります。さらに、財産に関する婚前契約は婚姻の届出前に契約を締結し登記することによって第三者にも対抗できるようになります(民法756条)。

円満な結婚生活のための婚前契約

円満な結婚生活婚前契約の締結は、お二人の結婚生活において齟齬を生じさせず、結婚後の「こんなはずではなかった!!」という争いを予防することになります。

また、結婚前にお二人で、結婚後の生活をイメージし、どういう結婚生活を送りたいかを具体的に話し合うことになります。これをきっかけにして、お二人は、お互いに心の底から理解し合えるようになり、何でも話し合える関係を作ることができます。

結婚や結婚生活に関するお互いの考えの齟齬をなくし、何でも話し合えるような関係が作れることは、お二人にとって大きなメリットとなります。

お二人がどういう結婚生活を送りたいか、どうすれば円満な結婚生活を送れるかを考えて、話し合いながら、それをカタチにすることで婚前契約書を作っていきましょう。

婚前契約の具体的な内容

どういう内容を書くべきでしょうか。結婚生活を送るにあたり、さまざまな問題がありますから、婚前契約にて決める事項はたくさんあります。具体例を挙げてみましょう。

夫婦のあり方について

  • 夫と妻は、家庭に関する事項については独断で決定することなく、お互いに報告と相談をしなくてはならない。
  • 妻と夫は、理由の如何を問わず、身体的、精神的、性的な暴力を振るわないことを誓う。
  • 夫と妻は、いずれかが入院治療が必要となった場合、相手方の看病に努める。体調不良の場合は、お互いに仕事や家事労働を放棄することができる。
  • 妻と夫は、事故・疾病・老化等によって日常生活に支障をきたすようになった場合、お互いに介護する。
  • 夫と妻は、第三者の異性と親密に連絡を取り合う、密会すること、肉体関係を結ぶこと等の不貞行為をしないと誓う。これに反して、不貞行為をした配偶者は、相手方に対して慰謝料300万円を支払うこととする。

家計について

家計
  • 妻と夫は、それぞれの収入の80%を家計に入れ、その合計額で家計を運営することとする。
  • 家計の管理は妻が行うこととする。
  • 夫と妻は、10万円以上の出費が必要な場合、協議することとし、相手方の許可を得てからこれを支払うこととする。

子どもについて

子ども
  • 妻と夫は、子どもを3人持つことを目標に子作りに協力しあうこととする。
  • 夫と妻は、2年間子供ができなかった場合、不妊治療を受けることとする。不妊治療の方法、治療費の負担方法について十分に協議する。
  • 妻と夫は、5対5の割合で育児を分担することとし、分担方法については十分に協議することとする。
  • 夫は、土日祝日は、5割以上の育児を行うこととし、妻が一人で過ごす時間を確保するように努める。

お互いの両親、兄弟姉妹について

  • 妻と夫は、お互いの両親以上に相手方の両親を大切にするよう努める。
  • 夫と妻は、お互いの兄弟姉妹を尊重し、円満な関係を構築するよう交際にする。
  • 妻と夫は、お盆と年末年始は、それぞれがそれぞれの実家に帰省することとする。
  • 夫と妻は、自分の親の介護は自分の身内で面倒を見ることを原則とする。自分の身内だけでは面倒を見ることが困難な場合、相手方に協力するよう願い出ることができる。その際、相手方に対し、常に感謝の言葉と態度を示し、その苦労を労わなければならない。
  • 妻と夫は、原則としてお互いの親と同居しないこととする。ただし、万が一、同居が必要になった場合、改めて協議する。

ライフスタイルについて

ライフスタイル
  • 夫と妻はお互いの仕事についてはお互いに干渉することなく、お互いに尊重することとする。
  • 夫(妻)は、原則、専業主夫(婦)として家庭を支えることとする。
  • 夫(妻)は、一週間の家事全体の3分の1以上の行うこととする。仮にこれができない場合、協議により翌週以降に繰り越すことができる。
  • 妻(夫)は、夫(妻)の趣味であるフィギュア集めを尊重し、夫(妻)がお小遣いの範囲内にてフィギュアを購入することを認める。
  • 夫(妻)の仕事上の付き合いに妻(夫)も協力することとする。

お互いの約束について

  • 妻と夫は、お互いに誕生日、結婚記念日、クリスマスを必ず一緒に過ごすこととする。
  • 夫と妻は、月に1回以上、デートをすることとする。
  • 妻と夫は、必ず、朝の出勤前にキスをすることとする。
  • 夫(妻)は、20XX年までに禁煙する。
  • 妻(夫)は、携帯ゲームを一日1時間までとする。

離婚時の取り決め

離婚
  • 離婚する場合、不貞行為、暴言暴力、浪費、ギャンブル、セックスレス、嫌がらせ等相手方に肉体的・精神的・経済的に苦痛を与え、婚姻関係を破たんさせた配偶者は、相手方に対して、離婚に伴う慰謝料として500万円を支払うこととする。
  • 清算的財産分与の割合を2分の1ずつとする。
  • 夫と妻は、離婚する際、新算定表に基づいて算出された額を養育費とし、非親権者は、親権者に対し、子が20歳になる日の属する月までその額を毎月支払うこととする。
  • 妻と夫は、離婚後、上記に定めるほか、子が大学に進学した場合は、大学の入学金、授業料等大学の進学にかかる費用を2分の1ずつ負担するものとする。

これらは、ほんの一例です。結婚する前に、お二人で、結婚生活を送るうえでどういう事項について取り決めをすべきか、どういう取り決めにすべきなのかを話し合うことで、お互いの気持ちや考えを確認し、譲り合いながら、お二人にとって幸せが何なのかを見つけていき、楽しい結婚生活を送れるようにしましょう。

  • 弁護士関谷恵美
  • 弁護士磯部たな
  • 無料相談予約